カテゴリー「パソコン・インターネット」の1件の記事

2010年8月27日 (金)

IE6

Webの世界、インターネットでシェアNo.1のブラウザはInternet Explorer(IE) で全体の6割くらいらしい。
それ以外に、ファイアフォックスやオペラ、サファリ(私はこれ)なんかがいろいろあって、残りの4割を占めている。
IEの6割という数値はちょっと落ち目で、
過去のWindows販売台数に乗っかった優勢はちょっと陰り気味のような気がする。
そのいろいろあるブラウザ、表現方法が実はかなりバラバラで、ある意味いい加減、オイラの勝手というところがある。
一つのホームページでもブラウザによってはかなり再現に違いがある。Webデザイナー泣かせなのだ。

W3Cという国際協会が標準を決めて世界中の利用者がそれに従っていろいろサイトを作ったり、
そのサイトを世界中に繋いだりしてる。
最近のW3Cの推奨はCSS、XHTMLで作りましょ、ってことになってる。
私のサイト「ナカジマカツ オフィシャル サイト」もその最新スタンダードで作ってみたのだが、
これが「トップしか見れません。」だの「全然動きません。」だのとクレームがかなりあった。(ごめんね!)
そういう人の大半はInternet Explorer6(IE6) の利用者だった。

Internet Explorerは一枚岩ではなくて、大雑把に言ってバージョンが3つある。
IE6とIE7とIE8だ。もちろんIE8が最新だ。
ブラウザ全体シェアの中では約IE6が23%、IE7が20%、IE8が19%という感じらしい。
その23%あたりが「見れまへ〜ん」となる訳だ。IE6はW3C推奨のCSS、XHTMLに全く対応していないからだ。
IE8は完璧に対応してサクサク、スイスイなのだが。
で、慌ててトップページをちょっと旧式のやり方で作り直しました。
ちょこっと小細工で画像を動かしたりできなくなった。

見れなかった皆様、こんどは大丈夫、かなぁ?

|